SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

更新日 : 2017年5月2日

【高等学校】スクらぶ

西宮市立西宮東高等学校

西宮市立西宮東高等学校では

・心身ともに健康で品位ある人間を育成する

・自立的な人間を育成する

・社会的な人間を育成する

この3つを教育の目標としています。

※当サイト内の文章・画像・動画等のコンテンツに関して無断転載及びダウンロード等の複製行為は禁止します。

【3つの特色】

 
 
 

1.通常の授業時間は65分の5限ですが、毎週月曜日は6限目に50分のロングホームルーム、毎週火曜日は65分の6限授業となります。1週間あたりの総授業時間数は1740分です。

  

2.授業日数を確保するために、2学期制(4月~9月が前期、10月~3月が後期)としています。定期テストは年に4回行われていますが、長期の休みは3学期制の学校とほとんど変わりません。

  

3.コース制を実施し、カリキュラムを分けています。
2月の推薦入試では「数理・科学コース」「人文・社会科学コース」があります。
それぞれのコースで特別なカリキュラムとなっており、課外授業などが充実しています。
特に「人文・社会科学コース」では、「西宮学」という科目があり、西宮市の協力を得て市の行政を題材にして問題意識を持ち、それらを解決する方策を考え、発表する能力を育成する授業を行っています。同じ科目でも、授業数や教科書や授業内容を変えています。
3月入試で入学してくるクラスでは、2年生で文系と理系にコースを分けて学習し、3年生ではさらに進路目標に応じた科目選択ができます。

【施設の充実】

約5万㎡の広大な敷地にある校舎は、全教室にエアコンが完備してあります。また、600名以上が収容できる西宮東高校ホールや約5万冊の蔵書の図書館、二つのグラウンド、50mのプールなど施設にも恵まれています。

【盛んな行事】

西宮東高校では1年間を通して、様々な行事が盛んに行われています。
1年生が行うオリエンテーション合宿や、御影~宝塚の20㎞を4時間から8時間かけて歩く西宮東高等学校伝統の強歩大会。

東高祭では、1年生は教室展示と模擬店、2年生はダンス発表、3年生は演劇を行います。もちろん、文化部の発表も行われています。
この東高祭は、ホール発表から一般公開まで3日間で行われ、大変盛り上がります。その他にも、水泳大会・球技大会・体育大会・マラソン大会などのスポーツ行事や2年生の希望者で実施される語学研修、カルタ大会などの文化行事もあります。

西宮東高等学校に通う生徒は行事が大好きで、どの行事にも積極的に取り組み、おおいに楽しんでいます。

【西宮市立西宮東高等学校】

このページのトップに戻る