SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

更新日 : 2017年8月8日

【中学校】学ぶ・つながる

【高須中学校】トライやる・ウィーク

「トライやる・ウィーク」は、中学校2年生を対象に兵庫県で平成10年(1998年)より実施されており、地域や自然の中で生徒の主体性を尊重した活動や体験を通して、豊かな感性や創造性などを自ら高めることができるよう支援する、「心の教育」を推進する活動です。
「トライやる・ウィーク」の名称は「挑戦する:トライ」とともに「学校・家庭・地域の三者:トライアングル」の意味が込められています。

高須中学校の2年生72名は5月29日から6月3日の5日間、32箇所の事業所で活動を行いました。
高須中学校では1年生の終わりに働く人に学ぶ会を計画します。生徒の力で運営し様々な業種の方の話を聞き、生徒がプレゼンテーションを行うなど自分達でこの行事を作っていきます。その過程が、このトライやる・ウィークにつながっていきます。
今回は、6事業所の協力を得て、生徒たちが活動や体験をしている模様を取材しました。

※当サイト内の文章・画像・動画等のコンテンツに関して無断転載及びダウンロード等の複製行為は禁止します。

【花処くま】

花屋さんでは、花の茎を切り、1束ずつ丁寧に袋に入れ、バーコードを貼り、隣のコープ様へ花を運ぶ作業を行いました。ビニールをクルクルっと回して袋に詰めている姿は店員のようでした。

【ほのかの果実】

新鮮な野菜や果物の販売店では野菜の袋詰め、レジ打ちをしている模様を取材しました。手こずりながら大葉の袋詰めをしたり、きゅうりの袋詰めを体験していました。

【兵庫県立総合体育館】

体育館では受付業務などを体験しました。取材時、生徒たちはバドミントン教室を体験中でした。普段しないことを体験するのもトライやる・ウィークの目的です。

【鳴尾ウォーターワールド(リゾ鳴尾浜)】

リゾ鳴尾浜では清掃やトレーニングなどを体験しました。取材時、生徒たちはバランスボールでのトレーニングを体験していました。自分の意図と違う方向にボールが動くため、「どうしたらバランスが取れるか?」と考えながらトレーニングに取り組んでいました。

【マクドナルド甲子園球場前店】

マクドナルドではテーブル拭きや飲み物を作ることを体験していました。普段利用するお店での体験はスタッフ側の気持ちを感じることができ、良い経験の場になりました。

【鳴尾消防署】

人の命を守る消防隊員の訓練を体験。隊員の熱心な指導のもと、筋力トレーニング、行動時の声出しなど、生徒たちにとっては今までに感じたことがない緊張感を体験しました。
最後のロープを使っての訓練では落ちる怖さを気合いで乗り切り、達成感に満ちた表情をしていました。

【西宮市立高須中学校】

このページのトップに戻る