SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

更新日 : 2017年7月14日

中学校

【苦楽園中学校】オープンスクール いじめゼロの取り組み

苦楽園中学校では教育の4本柱として合唱、六甲登山、苦楽中ギャラリー、漢字関門テストに取り組んでいます。
合唱交流会の合唱は学力の向上、学習の教えあい、高めあう基本として位置付けています。また、昨年度から「いじめゼロ」の取り組みとして、いじめをなくすための標語づくりを行っています。

平成29年(2017年)6月3日に実施されたオープンスクールでは1校時に全校生徒が道徳の授業を行い、いじめをなくすための標語を一人一人が考え、心を耕し、クラスで話し合い、クラス代表を決めました。
2校時には通常の授業を行い、3校時に合唱交流会といじめゼロ集会を行い、「いじめゼロ宣言」を全校生で行いました。

※当サイト内の文章・画像・動画等のコンテンツに関して無断転載及びダウンロード等の複製行為は禁止します。

【オープンスクール】

道徳の時間では、音楽ユニット・コクーンの詩を聞き、両親がどんな気持ちで出産し、どんな思いで子供を育てているかを生徒たちは心で感じ、いじめをなくすためにどうしたらいいのかを考え、いじめをなくすための標語を考えました。

【合唱交流会】

合唱交流会では各学年が合唱を行った後、全校生徒で合唱を行いました。
3年生は修学旅行で飯田東中学校と行った合唱交流のVTRを背景に合唱を行いました。
生徒からのインタビューでは「練習ではうまく合わすことができなかったが本番ではすごく納得のいく合唱ができ、思い出に残るものになった。」と合唱のできに満足した様子でした。

【いじめゼロの取り組み】

いじめゼロ集会では各学年のクラスごとに決定した標語を発表しました。

1年生
・「人をいじめる」それは「自分をいじめている」こと
・自分との戦い ~一人一人の決意が大きな決意に変わる~
・3つの勇気 受け入れる勇気 嫌われる勇気 相談する勇気
・「見てる側」それはある意味「責める側」
・「大丈夫?」そのひと言で始める勇気

2年生
・Rainbow ーみんなで繋ごう笑顔の架け橋ー
・いじめがね 視る意識と無くす勇気
・皆でつくる一つの輪
・心の換気 ~爽やかな心へ~
・ストップ いじめ スタート 笑顔の毎日

3年生
・心の小籠包 ~あふれだすやさしさ~
・言葉は、凶器にも薬にもなる
・心のしきりをなくそう ~クラスを一つに~
・White Heart! 白い心でいじめなし!
・勇気一秒、後悔一生
・Knock! Knock!~心の扉をたたこう~

最後に生徒会長が「生徒会スローガン『太陽』のように、一人一人が明るく輝き、必要とされる存在になるため、全校生徒がいじめに対して語り、生徒一人一人がいじめを許さないという思いを改めて持ち、明るく、いじめのない学校を作りましょう」と力強く宣言をしました。

苦楽園中学校では、いじめのない、心豊かで心身ともにたくましい生徒に育ってほしいと願っております。

【西宮市立苦楽園中学校】

このページのトップに戻る