SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

更新日 : 2018年2月9日

幼稚園

【浜脇幼稚園】クリスマス会

平成29年(2017年)12月19日に浜脇幼稚園でクリスマス会が開催されました。
この日、園庭の木には手紙がぶらさがっていました。登園した園児たちはそれを見つけ、「サンタさんから手紙が来た!」、「やったぁ!」などうれしい気持ちを抑えきれない様子でした。

園児たちがホールに集まり、クリスマス会が始まりました。
登園時に見つけたサンタさんからの手紙を、園長先生が読んでくれました。
手紙には「わたしは浜脇幼稚園の園児たちが大好きです。今日は幸せを一杯持ってきました。」と英語で書いてあり、園長先生は「もしかしたらこの近くに来ているかもしれないね。」と話し、園児たちは「本当に!」「どこ?」などワクワクした様子でした。

各クラスの出し物は歌と合奏です。4歳児はカスタネットと歌、5歳児は合奏と歌を披露してくれました。
4歳児は元気一杯にカスタネットを叩き、歌では大きな声をホールに響かせていました。
5歳児はとても息のあった合奏をし、歌では綺麗な歌声を聴かせてくれ、お客さん全員が聞き入っていました。

ホールが暗くなり、サンタクロースが登場しました。
サンタさんが登場した時、園児たちは「うわぁ!」、「サンタクロースだ!」などサンタさんが来てくれたことをとても喜んでいました。
サンタさんへの質問コーナーでは、
「おもちゃはどうやって作っていますか?」
「どうしてお髭がはえているのですか?」
「どうやって浜脇幼稚園に来ましたか?」
などの園児たちの疑問にサンタさんは丁寧に答えてくれました。

園児たち一人ひとりに、サンタさんからプレゼントが手渡されました。
名前を呼ばれた園児はサンタさんの前へ行き、頭を撫でてもらい、握手を交わしました。
プレゼントは園児たちが作ったくつしたに入っており、受け取った園児は「ありがとう」とサンタさんにお礼を言い、大事そうに抱えて自分の席に戻っていきました。
プレゼントを受け取った後は、園児たちからお礼の歌がサンタさんへと贈られました。
園児たちは歌いながら、再びサンタさんと握手を交わし、最後は全員の「メリークリスマス!」という掛け声でサンタさんとお別れしました。

クリスマス会の最後に、クッキーが配られました。園児たちは美味しそうにクッキーを食べていました。

宮井園長は、「浜脇幼稚園は昨年創立100周年を迎えました。3世代に渡り、この幼稚園を卒園された方もいます。クリスマス会の目的は、この行事に夢を広げ、友だちと一緒に楽しい時間を過ごすことと、クラスで取り組んできた歌や合奏を見てもらうことで喜びを感じてもらうことです。
4歳児が5歳児の姿を見ることで『次は私たちもお兄さん、お姉さんのような姿になるんだ』と感じてもらうことができ、5歳児は4歳児に自分たちの姿を見せることで小学校に向け成長することができます。
4歳児と5歳児がペアになり、年間を通して、お互いのことをわかりあいながら成長してもらうことを幼稚園の教育目標としています。
園児たちには、自分だけができたらいいのではなく、友だちにも目を向け、周りのことを考えることができる人間に育って欲しいです。」と話されました。

【浜脇幼稚園】

このページのトップに戻る