SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

更新日 : 2018年11月29日

高等学校

【西宮高等学校】第69回体育祭

平成30年(2018年)10月16日、西宮高校では、爽やかな秋晴れのもと体育祭が開催されました。

※当サイト内の文章・画像・動画等のコンテンツに関して無断転載及びダウンロード等の複製行為は禁止します。

【開会式】

開会式ではファンファーレの合図とともに生徒たちが入場しました。
本部テント前を行進する時には、各クラスが独自のパフォーマンスを披露し、観客は盛り上がりを見せていました。
校長は「今日は皆さんの自分に打ち勝つような全力のプレイを期待しています。今までの練習の成果を大いに発揮して下さい。」と激励しました。
体育祭企画実行委員長は「この体育祭を通してクラスの仲が深まり、皆さんにとって思い出になることを願っています。」と声を掛け、「行くぞ!」と声を上げると、生徒たちが大きな声で「おー!」と応え、体育祭の健闘を誓いました。
選手宣誓では3年生が「最後の体育祭を精一杯全力で、笑顔で楽しみ抜くことを誓います。」と声高らかに宣誓しました。

【競技】

開会式の後、全校生徒による市西体操が行われ、各競技が始まりました。
午前の競技は、100m走、クラス対抗で行う5人6脚(2年)、障害物競走(3年)、長縄跳び(1年)、400mリレー、男女混合リレー、800mリレーが行われ、息のあった走りや、ゴールした生徒たちが抱き合って健闘を讃え合う姿などが見られました。
観ている生徒たちも、選手の迫力ある走りに「頑張れー!」と熱い声援を送っていました。

午後の競技はクラブ対抗リレーから始まり、生徒たちはクラブのユニフォームを身につけて走りました。
騎馬戦(男子)では迫力のある試合が行われ、最後に1対1で行われた大将戦では、勝利した生徒が雄叫びを上げて喜んでいました。
棒引き(女子)、棒倒し(男子)ではクラスの垣根を越えて協力し、全力で競い合いました。
学年対抗リレーでは、懸命にバトンをつなぐ姿に観客たちも大きな声援を送り、盛り上がりを見せました。

【閉会式】

閉会式ではクラスごとに獲得した点数が発表され、上位クラスには記念の賞状やトロフィーが贈られました。
校長は「今回の体育祭はとても素晴らしいものになりました。各クラスが団結力を発揮した結果だと思います。」と生徒たちの健闘を讃えました。
生徒たちは全力を出し切った様子で、晴れやかな表情が印象的な閉会式でした。

【西宮高等学校】

このページのトップに戻る