SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

にしのみやの高等学校ってどんなところ?

にしのみやの市立高等学校はいくつありますか?

市立の高等学校は、西宮高等学校西宮東高等学校2
市立西宮高校は大正9年(1920年)創立の西宮高等女学校を前身に、市立西宮東高校は昭和38年(1963年)に創立されました。卒業生は両校併せて4万6千人を超え、広く様々な分野で活躍されています。

設備は整えられていますか?

全ての普通教室に空調を整備し、エレベーターも設置するなど良好な教育環境を整えています。今後もさらなる整備を進めていきます。

どんな学科やコースがありますか?

市立西宮高校
普通科とグローバル・サイエンス科の2つの学科
市立西宮東高校
普通科の中に、自然科学系(理系)の数理・科学コースと総合人間系(文系)の人文・社会科学コースの2つのコースを設置

どのように授業を行っていますか?

市立西宮高校
1週あたりの授業時数は50分33コマ
市立西宮東高校
1週あたりの授業時数は65分26コマ+50分(LHR)

両校とも、生徒一人ひとりのニーズや進路に応じたカリキュラムを編成しています。
部活動も活発で、運動部は様々な大会で活躍しています。文化部においてもコンクールや作品展で優秀な成績を収めるとともに、地域の活動にも積極的に参加しています。様々な学校行事も大切にし、全人的な教育に取り組んでいます。

にしのみやの市立高等学校ではどんな取組みを行っていますか?

「数学・理科甲子園」や「高校生模擬裁判選手権」への出場や特設科学講座、研修旅行の実施など、多様で高度な学習機会を提供できるよう市立高等学校パワーアップ事業を実施しています。
平成27年(2015年)に、兵庫県内の公立高校の学区再編により通学区域が拡大されました。生徒の皆さんにとっては受検できる公立高校の選択肢が増えたため、各学校の特色化を図ることが重要となっています。


高等学校


PHOTO

【西宮東高等学校】木曜講座「気軽なオペラ、いかがですか?」

平成30年(2018年)6月14日、なるお文化ホール(西宮東高校ホール)で開催された木曜講座「気軽なオペラ、いかがですか?」を取材しました。 木曜講座とは西宮東高等学校が地域に開かれた学校として生涯学習の機会提供を行うため、なるお文化ホール(西宮東高校ホール)で行っている市民講座のことで、無料でどなたでも受講ができます。木曜講座は平成元年に開講し、今年で30周年となります。今回は30周年を記念し、西宮東高等学校の生徒が参加する芸術鑑賞会と共催して実施しました。

【高等学校】学ぶ・つながる


PHOTO

【西宮東高校・浜甲子園中学校】高校生による出前授業

平成30年(2018年)1月31日、西宮東高等学校では、数理・科学コースの二年生が小学生や中学生へ授業を行う「出前授業」に取り組んでいます。これは、高校生が自分の学んだことや持っている知識を誰かに理解してもらうためには、どのように表現すればよいかを学習する目的で、甲子園浜小学校と浜甲子園中学校の協力を得て、平成27年度より実施している取り組みです。 高校生が5名程度のグループを作り、題材を考え、工夫を凝らした授業を展開します。小学生、中学生はそれぞれが興味、関心を持った授業を選択し参加します。

高等学校


MOVIE

【西宮高等学校】第99回全国高校野球選手権大会開会式 式典誘導係の練習風景

平成29年(2017年)8月8日に阪神甲子園球場で開幕した第99回全国高校野球選手権大会の開会式で、西宮市立西宮高等学校の女子生徒が代表校のプラカードを揚げて選手を先導する式典誘導係を務めました。

高等学校に関する記事をもっと見る

このページのトップに戻る