SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

にしのみやの小学校ってどんなところ?

にしのみやの市立小学校はいくつありますか?

市立の小学校は、41
最も歴史のある学校は明治5年に、最も新しい学校は平成28年に開校しています。また、児童が増えている学校もあり、児童数が1000人を超える学校もあります。

設備は整えられていますか?

市立小学校のすべての普通教室に空調が整備されています。また、平成29年度中にすべての小学校にエレベーターが設置される予定です。
また、すべての市立学校で自校調理された給食を提供しています。屋上防水や外壁改修、トイレ改修なども進めていきます。

どのように授業を行っていますか?

各小学校においては、国が定める学習指導要領に基づいて教育課程を編成し、子供たちに「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」からなる「生きる力」を育むことを目指した授業を行っています。

にしのみやならではの教育活動はありますか?

各小学校で特色のある教育活動に取り組んでいます。例えば、地域にある図書館や郷土資料館と連携した授業の実施や、卒業証書に使うため地域の名産である和紙を児童自ら漉くなど、保護者・地域と連携しながら自主・自律の学校づくりを進めています。また、本物の芸術文化に触れる機会を提供するアウトリーチ事業や赤ちゃんと継続的に関わる次代の親の育成事業も実施しています。

いじめ対応や特別支援教育は?

各学校においては、多様化する様々な教育的ニーズに応えるために、スクールカウンセラーや教育相談員、スクールソーシャルワーカーなどの専門家が必要に応じて派遣等されています。市においては、いじめ、不登校に関する相談機関(相談窓口)を設置しています。
また、教育的な配慮を必要とする児童に、個々の特性に応じた支援や配慮を行うことができるよう、特別支援教育コーディネーターを中心とした校内体制を整え、特別支援教育支援員等との連携による支援も行っています。

にしのみやの小学校ではどんな取組みを行っていますか?

西宮市では、「生きる力」という言葉に集約される「確かな学力の定着」「豊かな心の育成」「健やかな体づくり」に取り組み、子供一人ひとりの発達に応じた教育を目指しています。


小学校


PHOTO

【苦楽園小学校】スカイプ授業

平成31年3月4日、苦楽園小学校で、6年生を対象にスカイプを使用し、台湾の小学6年生と交流する授業が行われました。 この授業は、台湾の小学生との交流を通し、英語を使ってコミュニケーションする実践的態度や意欲を持たせること、簡単な英語の基本文型を使うことができるようになること、日本と台湾の違いなどに気づくことなどを目標としています。

小学校


PHOTO

【山口小学校】浄川の森(アスレチック)

平成31年2月18日、山口小学校で、校内に隣接している浄川の森でアスレチック体験が行われました。 今回は、5年生と1年生が対象で、昼休みの時間を利用しました。 この浄川の森は、地元やPTAの方々の力により、林内の道が整備され、児童たちの健康と自然に触れて欲しいという思いで、アスレチックが作られました。

小学校


MOVIE

【生瀬小学校】第6回プログラミング学習(ロボットカー競技会)

平成31年1月22日、生瀬小学校で、6年生を対象にした第6回プログラミング学習が実施されました。 この日は、いままでのプログラミング学習で学んだことを活かし、センサーを使ったロボットカーを走らせる競技会が行われました。 なお、当日は授業が公開され、多数の学校関係者の方々が見学に来校されました。

小学校に関する記事をもっと見る

このページのトップに戻る