SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

まなぶ・つながる

社会が急激な変化を遂げる中にあって、子供には、自立し、かつ自律しながら、他者と協調してその人生を切り拓いていく力が一層求められるようになります。そのためには学ぶことと社会とのつながりを意識することが重要であり、学校には子供と社会をつなぐ視点を持つことが求められています。
ここでは、学校・家庭・地域が連携して進める教育についてご紹介します。

小学生「体力向上プログラム」

【小学校】学ぶ・つながる

10月29日、小学校高学年(4〜6年生)を対象とした体力向上プログラムが北夙川体育館で開催されました。 小学校高学年(4~6年生)は運動神経の発達がピークを迎える大事な時期です。西宮市では、筋肉の発達や身体感覚の発達が偏らないように、バランスの良い運動をメニューに取り入れた教室を実施しております。

【高木小学校】赤ちゃん先生プロジェクト

【小学校】学ぶ・つながる

10月3日、高木小学校で赤ちゃんとその母親が小学校を訪問する赤ちゃん先生プロジェクトが行われました。 赤ちゃん先生プロジェクトとはNPO法人ママの働き方応援隊による活動の一環で、赤ちゃんとママが教育機関や高齢者施設、企業、団体を訪問し学び・癒し・感動を共有してもらう教育プログラムです。

学ぶ・つながるの記事をもっと見る
このページのトップに戻る