SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

まなぶ・つながる

社会が急激な変化を遂げる中にあって、子供には、自立し、かつ自律しながら、他者と協調してその人生を切り拓いていく力が一層求められるようになります。そのためには学ぶことと社会とのつながりを意識することが重要であり、学校には子供と社会をつなぐ視点を持つことが求められています。
ここでは、学校・家庭・地域が連携して進める教育についてご紹介します。

【甲陵中学校】トライやる・ウィーク

【中学校】学ぶ・つながる

「トライやる・ウィーク」は、中学校2年生を対象に兵庫県で平成10年(1998年)より実施されており、地域や自然の中で生徒の主体性を尊重した活動や体験を通して、豊かな感性や創造性などを自ら高めることができるよう支援する、「心の教育」を推進する活動です。 「トライやる・ウィーク」の名称は「挑戦する:トライ」とともに「学校・家庭・地域の三者:トライアングル」の意味が込められています。 甲陵中学校の2年生285名は5月21日から5月25日の5日間、87箇所の事業所で活動を行いました。

【西宮東高校・浜甲子園中学校】高校生による出前授業

【高等学校】学ぶ・つながる

平成30年(2018年)1月31日、西宮東高等学校では、数理・科学コースの二年生が小学生や中学生へ授業を行う「出前授業」に取り組んでいます。これは、高校生が自分の学んだことや持っている知識を誰かに理解してもらうためには、どのように表現すればよいかを学習する目的で、甲子園浜小学校と浜甲子園中学校の協力を得て、平成27年度より実施している取り組みです。 高校生が5名程度のグループを作り、題材を考え、工夫を凝らした授業を展開します。小学生、中学生はそれぞれが興味、関心を持った授業を選択し参加します。

【山口中学校】西宮ストークス 男子バスケットボール部サプライズ訪問

【中学校】学ぶ・つながる

山口中学校男子バスケットボール部は、平成29年度兵庫県中学校バスケットボール新人大会で優勝しました。この功績をたたえ、平成30年(2018年)2月8日にプロバスケットボールクラブ西宮ストークスの選手が部活動にサプライズ訪問してくれました。

学ぶ・つながるの記事をもっと見る
このページのトップに戻る