SCHOOL NISHINOMIYA COMMONS

CITY NISHINOMIYA COMMONS サイトへ

みやっこ SCHOOL LIFE

まなぶ・つながる

社会が急激な変化を遂げる中にあって、子供には、自立し、かつ自律しながら、他者と協調してその人生を切り拓いていく力が一層求められるようになります。そのためには学ぶことと社会とのつながりを意識することが重要であり、学校には子供と社会をつなぐ視点を持つことが求められています。
ここでは、学校・家庭・地域が連携して進める教育についてご紹介します。

【南甲子園小学校】西宮市総合防災訓練

【小学校】学ぶ・つながる

平成30年(2018年)11月5日、南海トラフ地震を想定した西宮市総合防災訓練が行われ、南甲子園小学校5年生が参加しました。 主会場は甲子園浜3丁目にある、阪神南広域防災拠点で、午前の部では、大津波警報発令を想定した一斉避難訓練が行われ、午後からは人命救助、応急給水、地震火災消火訓練などが行われました。

【今津小学校】ミニトライやる活動

【小学校】学ぶ・つながる

平成30年(2018年)11月5日、今津小学校の5年生が「ミニトライやる活動」を行いました。 この活動は地域の方々から、様々なことを教わり、体験をする活動で、キャリア教育の一環として行われています。学校内では着物の着付けや絵手紙作り体験、学校外ではろうそく作りや琴の演奏など、全部で14種類の活動を体験しました。

【南甲子園小学校】第1回ICT活用研修

【小学校】学ぶ・つながる

平成30年(2018年)10月25日、南甲子園小学校で、「教師も子供も使いたくなるICT活用の研究」が実施されました。 今回、算数「かたちあそび」の授業を公開授業とし、グループで似ている形の箱などを分類し、タブレットPCで撮影した写真を、デジタルテレビに表示しクラス全員で、写真を共有しました。 また、小・中学校・特別支援学校の教職員が集まり、タブレットPCの使い方や授業の進め方などを勉強し、効果的な使い方の研修も実施しました。

学ぶ・つながるの記事をもっと見る
このページのトップに戻る